• ホーム
  • 尿道炎は排尿時の激痛が特徴な病気

尿道炎は排尿時の激痛が特徴な病気

性感染症においては、コンドームの使用や性感染症の治療法が確立され、抗生物質などの治療薬の活用によって一時期はその患者数を大きく減らしていましたが、近年再び患者数が増加の傾向にあります。
性感染症も潜伏期間があり、人によっては数週間から1年とかなり幅があります。
一度症状が出た場合でも時が経つと症状が治まり、そのまま放置していた間にパートナーに感染してしまうということも、感染が広がってしまう原因のひとつです。

潜伏期間中にパートナーが変わり、また新たなパートナーに感染してしまうというケースもあります。
中にはこまめに検査をして性感染症から身を守る人もいますが、コンドームの使用などもそれらのリスクから身を守る方法のひとつと言えます。

尿道炎の症状

この性感染症ですが、主な症状は尿道炎を引き起こします。
性感染症の原因菌が尿道の粘膜に感染し、結果として炎症起こし排尿時に激痛を起こす症状が一般的に見られます。
排尿時の痛みを感じた場合はすぐに泌尿器科や性病科を受診してみると良いでしょう。
性感染症は性行為を感染経路として性器に感染しますので、結果として一番近い尿道に炎症を起こして尿道炎となります。

また炎症の結果、残尿感を感じることもあります。
残尿感も自覚症状の一つです。
排尿時に痛みを感じるのはその炎症のためです。
人によっては性器から膿が出てくるという症状もあります。
膿らしきものが出てきた場合にはすぐに受診しましょう。

尿道炎の治療法

最近では治療方法も確立されていますので尿道炎などの症状を抑えることができます。
主な治療方法は抗生物質による服用ですが、通常の量よりも多い医薬品を服用しますので、体には大きなダメージを受けることになります。
抗生物質を服用している際にはアルコールの使用を避け、抗生物質が十分な力を発揮して治療完了することを目指しましょう。
治療期間は1週間から2週間で完了しますので、その間は治療に専念し、体から確実に原因菌を死滅させるよう努力しましょう。

女性が尿道炎や膀胱炎になりづらい理由

女性も例外なく性感染症に感染しますが、男性と比較して尿道炎や膀胱炎になりづらい言う点もあります。
女性の場合は膣があり、尿道までに距離がありますので原因菌がそこにたどり着くまで自覚症状を感じにくいと言うデメリットがあります。
しかし尿道炎や膀胱炎になった場合、ある程度原因菌が増殖していますので、結果としては劇症化する手前にあると言っても過言ではありません。
女性の場合は尿道炎や膀胱炎などの自覚症状に加えて、不正出血などの自覚症状もあります。
性行為における性行痛も自覚症状のひとつであり、性交時に出血してしまうということもあります。

女性の場合は自覚症状があるまで潜伏期間が長くありますので、万が一男性に性感染症が疑われる場合には、自分で性感染症に感染していないことを確かめる必要があります。
婦人科や性病科を受診すると検査を受けることができます。
治療方法は男性と一緒で、抗生物質を服用することで治療することができます。
先ほど述べた通り、自覚症状がある無いに関係なく、原因菌の増殖が疑われますので、治療については注意深く行う必要があり、ある場合には抗生物質を二度服用して確実に原因菌を死滅させる必要があります。

女性においても抗生物質服用中はアルコールの飲酒を避け、抗生物質の能力を確実にからだに留まらせるようにしましょう。
抗生物質は服用した後一定期間体に影響を及ぼし続け、原因菌を死滅させます。
原因菌は皮膚の中にまで浸透し生き残ろうとしますので、抗生物質を使って確実に死滅させる必要があります。
治療後はいつもの日常に戻ることができます。

性感染症は自覚症状があるまでは感染に一切気づくことがありません。
日ごろから注意をしておく必要があります。
パートナーが変わった際や別れた際には必ず検査をし、感染してないかどうかを確かめると良いでしょう。

関連記事