• ホーム
  • 女性の性病はおりもので判断することが多い

女性の性病はおりもので判断することが多い

おりものとは、子宮や膣内から出てくる分泌液で、病気や細菌から体を守ったり、性交に伴う痛みを緩和させたり、受精をサポートする等の役割を果たしています。
毎日出るものなので、普段はあまり意識をする事はないですが、実は女性が自分の体の状態をチェックできる、健康のバロメーターとも言えます。

一般的に健康な人のおりものは、色は透明か白、少し甘酸っぱい臭いがする程度です。
排卵前は卵白のような粘り気を持ちますが、その後はのり状になります。
下着におりものが付着すると黄色く変色することがありますが、これは全く問題ではありません。

一方、おりものに血が混じっていたり、生臭いような臭いがある、我慢できないほどのかゆみを伴うなどのトラブルがある場合は、何らかの病気にかかっている可能性があります。
特に性病に感染すると、その症状はおりものにも出やすくなります。
色や臭い、量の変化によって、自分がどの性病に感染しているのかの判別材料にもなります。

おりもので判別出来る具体的な性病の例を挙げると、例えばトリコモナス膣炎は、泡が混じった黄色や緑色の生臭いおりものが発生し、さらに外陰部に強いかゆみも生じます。
膣カンジダ症も独特のおりものが出てきます。
酒かす状、またはカッテージチーズ状のボロボロとした白いおりものが増え、こちらも外陰部や膣内に激しいかゆみを伴います。
体の抵抗力が弱まってくる事で発症しやすくなるため、おりものに関する病気の多くはこの膣カンジダ症が占めていると言われてます。

そして性病と間違えやすいのですが、細菌性膣炎という病気もあります。
細菌性膣炎になると、黄緑色っぽい膿のようなおりものがずっと続くようになり、鼻につくような腐敗臭も現れます。
この場合は陰部のかゆみはあまり無いものの、赤く腫れたりする事はあります。
症状から性病かもと心配になる人も多いですが、体調が悪くなるなどして膣内の自浄作用が損なわれる事が原因なので、多くの女性が発症しています。

おりものの異常は子宮頸がんの前兆?

おりもので判断出来る病気は性病だけではありません。
子宮頚管ポリープではよく見られる症状ですが、ピンクや褐色のおりものが出たり、透明なおりものに血が混じる、または不正出血などが見られるようになります。

子宮頚管ポリープは良性の腫瘍なので切除すれば全く問題ないのですが、気をつけたいのは子宮頸がんです。
子宮頸がんを発症した場合のおりものは特徴的で、臭いは魚のような生臭さがあり、色は茶色、水っぽくて量も多くなります。
通常の甘酸っぱい臭いからだんだんと強くなっていくのではなくて、突然に悪臭がします。
さらにこの悪臭は毎日出てくる訳ではなく、症状が出ない日もあるため、病気の発見を遅らせてしまう要因になります。

子宮頸がんと同様に早期に発見したいのが、子宮体がんです。
最も多く見られる症状が性器からの不正出血になりますが、真っ赤な鮮血ではなく、褐色の血が混じったおりものとして現れる事もあります。
また異臭がしたり、量が増えるなど、いつもと違うおりものが出ると、子宮体がんの可能性も考えられます。

このようにおりものの変化によって、様々な病気の可能性が考えられます。
性病の場合はきちんと薬を服用していればすぐに完治させる事が出来ますが、子宮系のがんを発症してしまうと、発見が遅れる事で病気がどんどん進行してしまいます。

いずれにしても、おりものの異常は放置していても自然に治るものでもありません。
抗生剤を飲めば簡単に治る性病でも、放置する事で不妊の原因になる事もあります。
普段から自分のおりものの状態をチェックしておくようにし、少しでも異臭がしたり、量が増えるなど変化が見られた場合は、速やかに産婦人科を受診する事が賢明です。

関連記事